2月18日に津島球場で行われた第2試合、江南ボーイズ−富士ボーイズの観戦記です。
4回表までの観戦記になります。

江南ボーイズ
0002100|3
302202X|9
富士ボーイズ

江南B
横井−村瀬
富士B
水口、山口、坂本−秋山

横井投手は右のオーバーハンド。投げおろすタイプのフォーム。
水口投手は左のスリークォーター。序盤はコントロールがばらつく。
山口投手は右のオーバーハンド。上からの投げおろし。まっすぐはぼちぼち。
坂本投手は右のオーバーハンド。コントロールがいいタイプ。

スタメン
江南B
1横井 8安藤 2村瀬 7寺澤 5中村 3中嶋 9山中 4櫻井 6後藤
富士B
8川原 6北川 3木村 9益崎 7溝口 2秋山 5阿世知 1水口 4高橋

(試合経過)
1回裏、1死1、3塁から4番益崎がタイムリー。1死満塁からバッテリーエラーで1点。2死2、3塁からワイルドピッチ。富士Bが3点先制。
3回裏、1死満塁からタイムリーエラー。8番水口がタイムリー。5−0
4回表、無死1、2塁から5番中村がタイムリー。ここでピッチャー交替、山口。1死1、3塁から7番山中がタイムリー。2死満塁でピッチャー交替、坂本。5−2
ここで球場を後にしました。
試合は富士ボーイズが勝ちました。
江南ボーイズは見ていた3イニングの守備でエラーが3つ。バッテリーエラーも多くミスが出るとやっぱり厳しくなりますね。
打つ方は2番安藤、3番村瀬、5番中村選手が2打数2安打。こういう結果は自信にしてほしいですね。

富士ボーイズは上手く相手のミスに付け込んで優位に試合を進めました。初回の連打は見事でした。
選手の体格も大きい選手が多いな、と思いましたし、高校で活躍する選手もたくさん出てきそうですね。