「小説 君の名は」を読みました。

(内容)
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが―。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

映画の補完小説で、良く出来ていると思います。
映画を見てから読んだ形ですが、もう一回映画を見るとイメージがまた変わるかもしれませんね。

ただのシナリオ本になっていないので、楽しめました。