ミッドナイトバス
「ミッドナイト・バス」を見てきました。

(あらすじ)
新潟と東京を往復する深夜高速バスの運転手で、別々に暮らす娘(葵わかな)と息子(七瀬公)がいる高宮利一(原田泰造)は、東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との逢瀬がささやかな楽しみだった。ある日、利一が乗務するバスに16年前に離婚した妻・美雪(山本未來)が乗り込んでくる。同じころ、東京で働いていた息子が仕事を辞め、家に戻ってきて……。

いい映画でした。3時間近い長い映画だったのですが、それが苦痛に感じないってのはいい映画ってことですよね。
小西真奈美の役がいい子でした。それだけにちょっとかわいそうで、主人公の対応が納得いかなかったんですが・・・。最後はどうなったのか。その部分あたりでちょっと割り引きましたけど、内容は☆4つ。

小西真奈美がアラフォーと言われるとちょっとびっくりです。