1月29日に刈谷球場で行われた第2試合、近藤産興−菊水化学の観戦記です。
唯一今大会で見れていなかった近藤産興が見れたので良かったです。

近藤産興
000000005|5 H4 E1
000001000|1 H1 E2
菊水化学

近藤産興
鈴木、可知−松前
菊水化学
小松、古田、奥寺−小塚

投手成績
近藤産興
鈴木 7回 108球 被安打1 四死球6 三振2 失点1
可知 2回 25球 被安打0 四球0 三振2 失点0
菊水化学
小松 8回 91球 被安打2 四球0 三振4 失点0
古田 0/3 12球 被安打1 四死球2 三振0 失点4
奥寺 1回 16球 被安打1 四球0 三振0 失点1

スタメン
近藤産興
8上戸 6麻生 7吉田 3西 2松前 D宮島 9福井 4山根 5加藤
菊水化学
9冨依 3野々川 D山中 4松本 5村田 6上野 7藤田 2小塚 8伊藤

(試合経過)
5回までは近藤産興は4番西のヒット2本のみ。一方菊水化学は4つの四死球でチャンスはあったもののノーヒット。
6回裏、2死1、3塁から5番村田のところで1塁ランナーがスタート。キャッチャーは3塁に投げるそぶりで3塁ランナーが塁を離れて、挟まれかける。キャッチャーが3塁に送球したボールがランナーに当たり、ランナーがホームイン。菊水化学がエラーで先制。
9回表、この回から替わった古田が乱調で自らのエラーも絡み無死満塁となり、3番吉田への初球が押し出し死球に。ここでピッチャー交替、奥寺。4番西が走者一掃の3点タイムリー2ベース。近藤産興が逆転。更に2死3塁からタイムリーエラー。5−1
近藤産興が最終戦にて待望の初勝利を上げました。
菊水化学は愛知東邦大から入社予定の小松投手が素晴らしいピッチング。8回まで西選手の2安打のみの完璧な投球でした。その西選手からも3打席目は三振を奪い、内容も素晴らしかった。
9回は抑えの古田投手へのリレーで万全、と思ったのが、古田投手が誤算。まっすぐが引っかかってしまい、MAX143kもコントロールできないと厳しい、という典型的な形になってしまいました。
それでも替わった奥寺投手から打った4番西選手は見事でした。外野は前にいましたけど文句なく破っていきました。さすが4番。

近藤産興はこの新春選抜リーグ戦は初出場でしたが、ここまで1つの引き分けのみの全敗。ただ、終わりよければ、という感じで、最後に勝てて良かったですね。それも9回に逆転といういい形になりましたし。

菊水化学も最終戦ということでスタメンもいじって、試した試合に感じました。ヒットが1本しか出なかったし、替わった投手の乱調は仕方ないかな、と思います。
フタバ産業を破るなど、力をつけていますし、今シーズンが楽しみですね。