1月9日に刈谷球場で行われた、軟式の社会人大会、新春恒例の「中日スポーツ杯争奪、新春選抜リーグ戦2018」ニデック−GTRニッセイを見てきました。

ニデック
100000000|1 H4 E1
000001000|1 H7 E0
GTRニッセイ

ニデック
三浦、浅川−村瀬
GTRニッセイ
三浦−篠原

投手成績
ニデック
三浦 6回 93球 被安打5 四死球3 三振4 失点1
浅川 3回 44球 被安打2 四球1 三振1 失点0
GTRニッセイ
三浦 9回 118球 被安打4 四球2 三振7 失点1

スタメン
ニデック
8白石 7寺嶋 4安細 3村瀬 5高木 9山崎 D熊谷 6久野 2高木
GTRニッセイ
8廣田 5田中 6松岡 7清水 3寺田 D前田 4倉地 2篠原 9伊神

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番村瀬がレフトにタイムリー。ニデックが先制。
3回裏、8番篠原のヒットと盗塁で無死2塁とするも後続が続かず。
4回裏、死球と4番清水のヒットで無死1,2塁も、5番のバントが2−5−3のゲッツー。チャンスを活かせず。
6回裏、2死1、2塁から6番前田がタイムリー内野安打。1−1
9回裏、1死2塁から7番倉地がヒットを放つも、2塁ランナーが3塁をオーバーランしたところを刺されて2死1塁に。8番も3直で引き分けに。
ニデックの先発、三浦浩太郎投手は三重高校−法政大出身。選抜でも投げているピッチャー。高校時代にも見ています
リリーフの浅川投手も大学時代に見ているピッチャー。この日はまっすぐはそんなに走っていない感じでしたけど、0点で抑えたのはさすが。

GTRニッセイの三浦勝志投手は豊田大谷−国際武道大出身。こちらは高校時代に見ていました

ニデックは白石選手(中部大)、寺嶋選手(愛大)、山崎選手(中部大)、高木選手(名商大)と、大学で活躍を見ていますし、ニッセイは廣田選手(愛産大三河)清水選手(東邦、中部大)、倉地選手(愛大)と大学から見ていました。

こういう選手たちの活躍が見れるというのも、この大会の魅力です。

ニデックはキャッチャーの高木翔選手が素晴らしい肩を披露していました。ニッセイでは清水選手が2安打とさすがのバッティング。

今大会の活躍が楽しみですね。