牝馬の頂点を決める「第42回エリザべス女王杯」(G1、芝2200メートル)が12日、京都競馬場11Rで行われ、M・デムーロ騎手騎乗の5番人気モズカッチャン(牝3=鮫島厩舎、父ハービンジャー、母サイトディーラー)が勝利した。(スポニチアネックス)

ミルコデムーロ。ほんとに上手いなって思いますね。もちろん展開が向いたのは確かですけど、逃げ粘るクロコスミアを見事に差し切り。腕の差かなって感じるレースが多いですね。

2着の和田騎手も今年は乗れてますね。しかもモズカッチャンは元々和田騎手が乗っていましたし・・・。クロコスミアは気になっていたんですけど買いませんでした。もったいなかった。

で、複勝を買っていたミッキークイーンが3着に。展開がスローな中で、一頭だけ上位にぶっ飛んできました。やっぱり強い馬ですね。一番強い競馬をしたように思います。いつも応援していたので、買っておいて良かった。
リスグラシューも買っていましたが、こちらは8着。でも上位に強い馬が来てるし仕方ないですね。