優勝 中京大 8勝3敗 勝ち点4
2位 中部大 9勝4敗 勝ち点4
2位 名城大 9勝4敗 勝ち点4
4位 愛知学院大 5勝9敗 勝ち点1
5位 東海学園大 4勝8敗 勝ち点1
6位 愛知大 2勝9敗 勝ち点1

全日程は終了しましたが、2位が中部大と名城大で並んだために20日に3連盟王座戦進出を掛けた決定戦が行われます。

優勝は中京大。安定した投手力を元に、下位チームから取りこぼしをしなかったのが大きかったですね。絶対的なエースはいないのですが、レベルの高い投手陣で、調子のいいピッチャーを上手く使っていた印象。地力の高さを感じました。

中部大、名城大はお互いにエースがいて、力のあるチーム。上位3チームは五分五分でしたが、下位に負けなかった中京大が抜けだした形でしたね。

決定戦は栗林投手が出てくると思うので、彼がどういうピッチングをするかがカギですね。

上位と下位がはっきり分かれたリーグ戦。ただ、開幕週で3カードが行われましたがその時点で愛大は苦しいのが目に見えてましたね。投手陣がいかにも厳しかった。

入替戦もいばらの道になりそうです。2部がどちら(東邦大か名商大)か分かりませんが、東邦大のが嫌でしょうね・・・。

今週末の2部の決定戦も楽しみです。