10月9日に豊田球場で行われた愛院大−東学大の観戦記です。
愛院大先勝で迎えた2回戦。愛大も含めて入替戦行きがかかる大事な試合となりました。

愛院大
100000000|1 H8 E1
10001000X|2 H8 E0
東学大

愛院大
十河、西山、青島−三浦
東学大
木原−村上

投手成績
愛院大
十河 4回 被安打1 四球3 三振0 失点1
西山 1/3 被安打1 死球1 三振0 失点1
青島 3回2/3 被安打6 四球0 三振1 失点0
東学大
木原 9回 被安打8 四球2 三振4 失点1

スタメン
愛院大
7高木 6渡邊 2三浦 4宝島 5辰巳 3高島 9西平 1十河 8福本
東学大
4松田 7小坂 3小笠原 9古川 5三村 2村上 8小林 6加藤 1木原

(試合経過)
1回表、2死1,3塁から5番辰巳がタイムリー。愛院大が先制。
1回裏、2死1,3塁から5番三村がタイムリー。すかさず東学大が同点。
5回裏、1死1,2塁でピッチャー交替、青島。2死1,2塁から4番古川がタイムリー。東学大が勝ち越し。2−1
8回裏、先頭の6番村上が2ベースを放ちチャンスを作るも送りバントの失敗もあり、チャンスを活かせず。
9回表、無死1,2塁から7番西平のバントヒットが決まり、無死満塁。ここで代打浅岡の当たりはセンターへ抜けそうな当たりでしたが、ショートの加藤が打球を横っ跳びで抑え、ホームへ投げてホースアウトに。ビッグプレーでした。結局その後、浅めのライトライナーにサードライナーに倒れ試合終了。
東学大がタイにしました。
東学大は木原投手が立ち上がりは良くなかったものの、段々と尻上がりで良くなり、好投。最終回以外は危なげないピッチングでした。
ただ、最終回は無死満塁の大ピンチ。ここでショートの加藤選手が素晴らしいプレーでチームを救いました。さすがキャプテン。
ここまで、いい試合とは言えない感じだったのですが、このプレーだけで見に来た甲斐があったな、と思わせる試合でした。

愛院大は先制したものの、すぐに追いつかれ、流れのない試合でした。
そもそもこの日の投手起用は疑問だらけ。先発の十河投手は前日に先発しているし、青島投手も同様。この試合は負けても次のある試合。そういう試合でいかに余力を残すかが重要だと思うのですが、結局主力投手をつぎ込んでいる。
翌日に勝ち点を取ったからいい、と言える采配ではなかったですね。結局2人は3連投したようですし。

1部残留をしたものの、どんどん王者の力を無くしていく愛院大は残念です。やはり強くあってこその愛知学院だと思うので、なんとかしてほしいです。