9月25日に刈谷球場で行われた女子プロ野球、京都フローラ−兵庫ディオーネの観戦記です。
2度目の女子プロ野球。刈谷球場ということで、スピードガンもあるので、そちらも楽しみに観戦しました。

京都
0100200|3 H5 E0
012200X|5 H9 E0
兵庫

京都
古谷、長尾、矢野−泉、中村
兵庫
坂東、泉、宮原−寺部

投手成績
京都フローラ
古谷 2回1/3 49球 被安打5 四死球2 三振0 失点3
長尾 1回2/3 31球 被安打1 四死球3 三振3 失点2
矢野 2回 24球 被安打3 四球0 三振1 失点0
兵庫ディオーネ
坂東 4回2/3 73球 被安打5 四球1 三振2 失点3
泉 1/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
宮原 2回 20球 被安打0 四球0 三振0 失点0

京都フローラ
4中野 9前田 8三浦伊 3田口 D池山 5小西美 6中村 2泉 7金山 P古谷
兵庫ディオーネ
6厚ヶ瀬 4三原 8中田 3山崎ま 9三浦由 2寺部 5太田 Dみなみ 7榊原 P坂東

(試合経過)
2回表、1死3塁から7番中村のタイムリー。京都が先制。
2回裏、2死2塁からレフト前に落ちるタイムリー。同点
3回裏、1死満塁から4番山崎がタイムリー。更に押し出し死球。ここでピッチャー交替、長尾。兵庫が勝ち越し。3−1
4回裏、2死満塁から4番山崎が2点タイムリー。5−1
5回表、1死1塁から9番金山の所でエンドラン成功。送球エラーが絡みランナーホームイン。2死2、3塁でピッチャー交替、泉。ワイルドピッチでランナーホームイン。5−3
兵庫ディオーネが勝ちました。
前回無かったスピードガンに注目していました。大体どのピッチャーも109k〜117kくらいの間がMAX。

これが女子野球のラインなんでしょうね。

ライトゴロがあったり、男子の中学野球の低学年くらいと同レベルかな。高いレベルを求めて見る野球ではないし、どこに楽しみを置くかが難しいなぁ、というのが今の自分の心境です。

ただ、兵庫の厚ケ瀬選手だけは素晴らしい動きで男子顔負けの守備を見せてくれます。彼女は見ていて楽しいですね。

試合前や終了後に勝利のダンスなど、色々楽しませる工夫はしていると思います。サイン会など、アイドル的な売り方をしていくのがいいのかなぁ。

平日のナイターの雰囲気はいいです。そういうのを味わうのも楽しさの一つかな、と思います。