[画像:26e36e65.jpg]



選抜の切符をかけた秋季大会が始まります。

簡単な展望を。

Aブロック
西尾東シードゾーン
西尾東は投手力が揃っており、力のあるチームで西三河地区を制しました。そこの初戦のところに中京大中京が入ってきました。ここの勝者がベスト8まで行きそうな印象。
中京大中京は夏の甲子園で投げた浦野投手や澤井選手らが残っており、力は間違いなくあります。ただ、新チームでの経験は少ないため、その部分でどこまでチーム力が上がっているか。西尾東としては初戦なので、チャンスはあるかと。もちろん、中京大中京が、大会の切符を手にするのにぎりぎり勝ち上がった名市工芸に苦戦する可能性も。
半田−時習館の勉強の名門校対決も面白そうですね。

愛工大名電、豊川シードゾーン
名電の初戦は大成−名城大附の勝者と。名電も投打に主力が残っており、力はあるはずです。その試金石にはどちらがきてもいい相手かと。
一方豊川の初戦は愛産大工−佐織工の勝者と。愛産大工の茶谷投手がどこまで成長したか個人的には見てみたいですね。豊川としても嫌な相手を初戦で引いた形。ここを突破して名電戦に行きたいでしょうが・・・。
名電、豊川、愛産大工の争い。激戦ですね。

普通は中京大中京−愛工大名電のベスト4を賭けた争い、となりそうですけど、違う組み合わせになるかも。予想は愛工大名電にしておきます。

Bブロック
大府シードゾーン
強豪私学がおらず、公立の好チームが名を連ねた形。大府が有力ですけど、名南工は好投手もいますし、成章もぎりぎりで県大会を決めた経験が活きるか。
美和−旭丘が面白そうな組み合わせ。勢いに乗ってどこが勝ち上がるか注目。

清林館、星城シードゾーン
ここは6校すべて私学。同じBブロックでも対照的な組み合わせ。
清林館と初戦で当たる、愛産大三河−至学館は屈指の好カード。至学館が結果を残した前チームからどう新チームがなっているか。愛産大三河も力があるだけに面白い試合になりそう。
清林館は中尾投手がいるので、どちらがきても楽しみな一戦。
星城も着実に力を付けていて、この秋はちょっと楽しみ。享栄が来たら注目の一戦になりますね。

ここも予想が難しいブロック。予想は星城にしておきます。

Cブロック
東邦シードゾーン
この秋は本命視されている東邦。新チームになってから負けていないようですし、その強さでこの大会も突破できるか注目です。
立ちはだかるのは好左腕がいる誉か豊田工か。小栗投手、横田投手はどちらもプロ注目のピッチャー。投げ合いが実現したら注目の一戦になりますね。ただ、どちらも初戦が侮れない相手。特に明和はバッテリーがいいと聞いていますので、誉も苦戦するかも。

半田東、安城シードゾーン
知多地区でスルスルっと勝ち上がった半田東。その勢いで県大会も勝ちあがれるか。小牧南、豊田ともに、安定した地区予選の戦いだった印象ですので、どちらがきても厳しい相手。
安城はエース伊藤投手が残り、強い戦いを見せていました。知立東も渡辺投手が力強いので楽しみですが、もっと注目は初の県大会?の日福大付。どんな戦いを見せるか注目ですね。

ここは東邦予想ですが、安城が勝ち上がってきたら、どう苦しめるか見てみたい。

Dブロック
桜丘シードゾーン
桜丘はエース原投手がいたチームから比べると少し落ちる印象もありますが、キャッチャーの小柳津選手がいて、浜田投手も安定しているので、力はあります。吉良も亀澤投手がいて、誠信との試合はどっちが勝つか面白そう。
その隣は豊橋中央がいて、桜丘との東三河対決になるかな、と。中部大春日丘−西春も屈指の好カードですので、ここも混戦ですね。

栄徳、愛知啓成シードゾーン
栄徳は野口捕手ら野手が揃っているだけに、どこまでピッチャーが頑張れるか。愛知も変則の吉川投手に阿部、渡邉選手が残り、この対戦が実現したら夏の再戦。面白そうです。
愛知啓成は久々に投手陣が揃って戦えるチームに。そろそろ存在感を示したいところ。

ここは桜丘、豊橋中央、栄徳が有力ですけど、予想は愛知啓成にします。

秋は材料が少ないだけに展望が難しいですね。どこが勝ち上がるか、楽しみです。