8月13日に享栄Gで行われた第1試合、松蔭−享栄の観戦記です。
松蔭は新チーム公式戦初戦。享栄の新チームを見るのも当然初めてですので、どんなチームかに注目して観戦しました。

松蔭
00000|0 H2 E4
03115|10 H10 E2
享栄
(5回コールド)
松蔭
山本、加藤−谷口
享栄
那加−樅山

投手成績
松蔭
山本(10) 4回1/3 117球 被安打8 四死球8 三振1 失点10
加藤(11) 0/3 8球 被安打2 四球0 三振0 失点0
享栄
那加(1) 5回 63球 被安打2 四球2 三振3 失点0

山本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。コントロールに苦しむ。ストライク先行しないときつい。
加藤投手は右のオーバーハンド。場面がきつすぎました。
那加投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。ボールを前で放すタイプ。テンポ良く投げたいタイプですね。

スタメン
松蔭
8水野 4戸田 9谷本(1) 7伊藤 2谷口 6鳥居 3高瀬 5金森 1山本(10)
享栄
8石川 7寺西 3伴野 9早川 2樅山 4川田 6小寺 5大原 1那加

(試合経過)
1回表、エラー2つで1死3塁のチャンスで3番谷本がいい当たりでしたがファーストライナー。4番も倒れ先制ならず。
1回裏、2死2塁から4番早川がライトへヒット。2塁ランナーがホームを狙うも、ライトの谷本が好返球でタッチアウトに。素晴らしいプレーで先制阻止。
2回裏、2死満塁から1番石川のセンターフライを落とし3点タイムリーエラー。3−0
3回裏、1死3塁から5番樅山の犠牲フライ。4−0
4回裏、2死1塁から4番早川のタイムリー3ベース。5−0
5回裏、1死満塁から連続押し出し四球。ここでピッチャー交替、加藤。4番早川のタイムリー内野安打。5番樅山のタイムリーでコールド成立。
享栄が勝ちました。
松蔭が良かったのは初回の攻防。エースナンバーでライトに入っていた谷本選手が見せたプレーは享栄の選手も驚くくらいの強肩ぶりでホームタッチアウトにしました。この日は登板を回避しましたが、雰囲気のある選手ですし、今後も注目選手ですね。しっかりと振りきれるのもいいです。
2回は2死満塁でのセンターの落球が全てなのですが、その前に2死3塁から8番9番に四球四球。これが結局は大量点を産むきっかけになってしまいます。
3回の失点もエラーからですし、ミスは起こるものなのですが、そこまでの過程も改善したいところですね。
ピッチャーは最低限ストライク先行しないと厳しいです。

享栄は、堅い作戦が自分たちの野球、なのかもしれませんが、寂しい野球に思えました。初回のバントはともかく、3回のエラーで無死2塁からバント、5回の先頭四球の後のバントは、いかにも寂しい。結果点にはなっています。コールドになりました。でもそれは松蔭が自分たちで崩れただけで、享栄が崩した試合ではなかった。
そこに私学4強としての強さを全く感じなかったのがとにかく残念。
私学4強なら、強豪私学なら、最初からエースをぶつけずに負けを覚悟してきた公立相手くらい、ふざけるなとぶっ潰す野球をやってほしかったです。

1番の石川選手はいいスイングをしていました。那加投手は1年生大会の時よりは球威は上がっていましたね。ただ圧倒する球威はないので、テンポよく打たせることがキーワードでしょう。

強い享栄が見たいですね。