7月15日に瑞穂球場で行われた第2試合、春日井工−豊橋東の観戦記です。
中日藤井選手の母校で、毎年強いチームになってくる印象の豊橋東が有利かな、と思いましたが、逆の展開となりました。

春日井工
011030100|6
010000200|3
豊橋東

春日井工
高階(1)、山田−桑田
豊橋東
松本浩(5)、谷口(10)、山川(1)−藤原

高階投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。コントロールが良く、ゴロを打たせて取るピッチング。切れのいいボールも来ていました。
松本浩投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。フォロースルーがやや大きいフォーム。
谷口投手は右のアンダーハンド。アンダーの割に長身。まっすぐはそこそこ。緩急を駆使。ややコントロールに苦しむ。
山川投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。

春日井工
9安藤 8山崎 7草間 3西村愛 5岡田 2桑田 6伊藤 1高階 4大下
豊橋東
6片桐 7福島 2藤原 3鈴木健 9西山 1松本浩 8笠井 5河合 4稲熊

(試合経過)
2回表、1死2塁から6番桑田がタイムリー2ベース。春日井工が先制。
2回裏、2死3塁から8番河合がタイムリー。同点。
3回表、1死1、2塁から3番草間がタイムリー。春日井工が勝ち越し2−1
5回表、1死1、2塁でピッチャー交替、谷口。1死満塁から4番西村愛が2点タイムリー。2死1、2塁から6番桑田のタイムリー。5−1
7回表、無死1、3塁でピッチャー交替、山川。5番岡田の犠牲フライ。6−1
7回表終了時に球場を後にしました。

その後、7回裏に豊橋東が2点を返したところで、春日井工の高階投手が熱中症で交替するアクシデントがあったようですが、山田投手が踏ん張って、春日井工が勝ちました。

春日井工業の打線が活発。3番草間、4番西村愛、6番桑田選手が複数安打を放って、チームを優位に押し上げました。
ただ、それ以上に光ったのがサードコーチャー。結構難しい判断になりそうな、3回、5階のタイムリーで好判断で走者を向かい入れ、試合をより優位に進めました。コーチャーもチームの大事な一員と改めて実感する試合でした。
高階投手の安定感も素晴らしかった。ただ、交替した後は見ていないのですが、リリーフの山田投手もよく踏ん張りましたね。

豊橋東は先発が5番の松本浩投手、2番手が10番の谷口投手。結局7回の4点ビハインド無死1,3塁でようやくエースの山川投手を投入しました。逆に投げられるならもっと早くに・・・、と思う展開。
何か事情があったのかもしれませんが、相手を侮ったと感じる起用でした。

なんにせよ、春日井工が素晴らしかったと思います。次の試合も期待したいですね。