名古屋学院大は5日、プロ野球中日で捕手としてプレーした金田進氏(57)が1日付で硬式野球部監督に就任したと発表した。
大阪府出身で1982年に中日入り。91年限りで引退し、2軍のコーチなどを務めた。(日刊スポーツより)

名古屋学院大はこの春に2部プレーオフまで進出したので、この交替には驚きました。既定路線だったのかもしれませんが、どっちに転ぶか、興味深いですね。
というのも、元プロ出身の監督が愛知リーグでも誕生していますが、あまり結果が出ていません。愛工大、名産大・・・。同朋大はこの春は成績を上げて、新人戦準優勝。

これからも増えてくると思われる、元プロ出身の監督ですけど、どうなんでしょうね。選手としては良くても教えるのは別物でしょうし、プロになるような選手は自分は出来たでしょうから、教えられるかも疑問ですし・・・。

どういう結果になるか、見守りたいですね。