2017年夏大-H
シード校は愛知。

今年は例年と違い打撃のチームとなっている愛知。投手力にはやや不安があるものの、それを補って相手を倒すだけの力を持っています。今年は初戦の名古屋南、横須賀はどっちも見ていないのですが、いいチームを作ってくるチームなので初戦を上手く戦って勢いにのりたいところですね。
その隣も好チームが入りました。杜若、刈谷が中心ですが、安城学園−名市工芸という屈指の好カードもありますし、どこが上がってくるか予想が難しい。
ただ、愛知にとっては一番嫌なのが刈谷でしょうね。石田投手は春に中京大中京に負けはしたものの3安打に抑える快投。自信にもつながったでしょうし、完璧に投げられたらなかなか打てないピッチャーだと思います。この対戦になったら刈谷が有利かも、ですね。

反対のゾーンには享栄が入りました。秋はベスト4。先日の招待試合では、早矢仕投手が早実相手に好投したのも自信になっているでしょうし、久々の甲子園に向けて、いい形で大会に入りたいところ。
ただ、その初戦としては起工は嫌な相手。秋は尾張地区で愛知黎明を苦しめ、勢いにのったら怖い打線です。享栄を苦しめそうな気がします。ここを突破出来れば一気に上がってくるかもしれません。

その隣には愛知黎明が入りました。あと豊川工は見たことがないのですが、好投手がいると聞きますので、どこまで上がってくるか楽しみですね。日福大付も強化を始めた、みたいな話も聞きましたので、どういう戦いを見せるか注目。愛知黎明が4回戦まで来ると思いますが波乱もあるかも。
なんだかんだ、享栄が5回戦まで上がってくると予想。ブロック決勝は刈谷−享栄で、享栄が制すると予想します。