2017年夏大-E
シード校は桜丘。

秋に東海大会進出。春にベスト8。安定した成績を残す桜丘。原投手が中心で、投手陣が充実しています。多少ムラがあるタイプの原投手ですが、悪いなりに投げることもできる印象ですので、負けられないトーナメントでは頼もしい存在ですね。初戦は問題ないと思います。
隣のゾーンでは岩津−東郷という好カードが組まれました。ここの勝った方が4回戦まで上がりそうですけど、中村や新城東作手など、気になるチームもあり、見たいチームが多い。岩津の土肥投手は好投手ですね。キャッチャーも柚木山選手もいい。

反対のゾーンでは安城−豊田工というこれまた屈指の好カードが組まれました。地力は豊田工が上だと思いますが、丘監督率いる安城が何かをやってくれそうで、豊田工にとっても嫌な相手でしょうね。勝っても誠信という油断の出来ない相手がいますし、昭和−岡崎西という、こちらも面白い初戦の勝者が3回戦の相手と、息の抜けない相手が続きます。

その隣の山は県内屈指の好投手、大矢投手を擁する豊明が入りました。いつも応援している松蔭に勝ってほしいですけど、厳しい相手ですね・・・。伝統校の国府がいますので、3回戦がヤマになりそうですが、豊明の快進撃に期待したいところ。

5回戦は桜丘が上がってくると予想。その相手は豊田工、豊明のどちらかと思いますが、豊田工かな。大矢投手がどこまで持つかがカギですけど。

ブロックを制するのは桜丘と予想します。