2017年夏大-D
シード校は栄徳。

栄徳も初戦に関しては恵まれた印象。釜谷投手を中心に、力は上がっていると思うので、この夏はチャンスですね。
その隣のゾーンはこれまた面白いチームが揃いました。大府は複数の力のあるピッチャーがいますが、初戦の科技高豊田も鈴木投手が好投手ですので、屈指の好カードの一つ。
春に県大会に進んだ日進西−成章も面白い組み合わせで見たいカードですね。
そこに吉良、選手が集まりだして、今後注目校になりそうな瀬戸窯業と面白いチームが揃っていて、栄徳と当たる4回戦にどこが上がってくるか、予想が難しい。またどこがきても栄徳は楽に勝てる相手ではないと思います。ただ、釜谷投手は経験も豊富ですので、取りこぼしはしないと思いますが・・・。

反対のゾーンは東浦−時習館という、こちらも屈指の初戦が組まれています。この勝者が5回戦まで上がってくるんじゃないかな?と思うのですが、その同じ山に、半田工、津島、春日井、豊田南と面白いチームが揃っていて、ここもどこが勝ち上がるか予想が難しい。時習館が伝統の力で上がってきそうですけど、どういう組み合わせでも面白い試合になりそう。
で、4回戦で当たりそうなチームとして滝を推します。滝は愛知啓成にも勝ったりして、かなり力があります。高浜−長久手という面白そうな試合も組まれていて、滝がすんなり勝ちあがれるかも分かりませんが・・・。
こちらは一応時習館が5回戦進出と予想しますが、難しいですね。

5回戦のカードは栄徳−時習館と予想。ブロックを制するのは栄徳とします。