4月29日に熱田球場で行われた第2試合、桜丘−栄徳の観戦記です。
栄徳は現チームを見るのが初。前のチームから投げていた釜谷投手ら、どういう試合を見せてくれるかに注目して観戦しました。

桜丘
0000000|0
000333X|9
栄徳
(7回コールド)
桜丘
浜田−小柳津
栄徳
釜谷−野口

桜丘の浜田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。いいまっすぐの切れで押せるピッチャー。変化球がそれに比べると落ちる。2周り目に狙いすぎてボール先行となり苦しいピッチングに。
釜谷投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。緩急を使って失点は防いでいたものの、前年に見た時より球威は上がっていなかった印象。それでも打ち取る技術はさすがでしたが。

桜丘
5丸山 8松崎 6中村竜(4) 3鈴木 9原大 7小田 2小柳津 1濱田(11) 4金山(14)
栄徳
7千田 6福山 2野口 3石原 5近藤 9石橋 8神山 4降旗 1釜谷

(試合経過)
4回表、2死1塁から6番小田、7番小柳津の連打で満塁とするも、8番が倒れ先制ならず。
4回裏、無死1、2塁から4番石原が2点タイムリー2ベース。更に1死3塁から6番石橋のところでスクイズ成功。栄徳が3点先制。
5回表終了時に雲行きが怪しくなったので球場を後にしました。
5回の途中で中断に入り、1時間半くらいして再開。その後、栄徳が加点してコールドとした模様です。

4回の表裏の攻防で試合が左右されましたね。5回は無死満塁で中断に入ったようで、桜丘は不運もありました。ただ、原投手は登板を回避したようですし、シード後の戦い方を貫いた形かもしれませんね。

4回表はそもそものランナーの足に問題があったかもしれませんが、走塁が遅すぎて各駅停車に。ここで次の塁を狙う走塁が出来ていれば、展開も替わったかも。
投手はしっかりしている桜丘だけに、いかに点を取るか。そこを上げてほしいですね。

栄徳は二周り目にしっかりと攻略したところはさすが。個人的に釜谷投手に物足りなさを感じましたが、それでも抑えるあたりは1年時からマウンド経験が豊富なところが活かされていますね。
名電を破ってのシード確保は大きな自信になっているでしょうし、夏に向けてしっかりと仕上げてほしいですね。