image
明日から始まる春季大会の展望です。

至学館ブロック
選抜帰りの至学館が一歩リード。夏のシード権に向けて順当に勝ち上がるか。反対ゾーンの大成−渥美農、西春−豊田工はどちらも1回戦としては好カード。渥美農の鈴木投手のピッチングは注目。

誠信・大府ブロック
大府がややリードも混戦。豊橋中央・滝がかき回すと面白い。誠信はこのところパッとしませんが、この春はどうか。一応大府が勝ちあがると予想。

豊田西ブロック
危なげなく西三河を勝ちあがった豊田西ですが、好チームはたくさん入りました。
岩津の土居投手は好投手。県大会でどこまで通用するか楽しみ。
反対ゾーンには秋の準優勝チーム、桜丘が入りました。原投手がどれだけ成長しているか。注目です。
予想は桜丘にします。

愛工大名電・豊橋東ブロック
愛工大名電が愛知高校にコールド負けを食らうなどらしさが見えないですが、シードだけは欲しいでしょうしね。
組み合わせ的には栄徳が最大のライバルになりそうですけど、栄徳も初戦の東浦は侮れない相手。地区予選で躍進した豊田高校、豊橋東の戦いにも注目。
栄徳のシード獲得に期待。

誉ブロック
誉も初戦の名城大附−津島の勝者はどっちがきても楽な相手じゃないですね。
秋にベスト4だった享栄がいますが、侮れない相手が続きますし、ここのブロックも難しい。
意外とスルスルっと名城大附が来るような気もしますが、予想は享栄にしておきます。

刈谷・中京大中京ブロック
ここは中京大中京が本命。秋に東海大会で至学館に土壇場で足元をすくわれましたが、地力は一番高い。
刈谷、中部大春日丘、星城、吉良と曲者も揃ってますけど、地力で上回る中京大中京が突破しそう。
中京大中京が足元すくわれるとしたら、大分平林さんの野球が浸透してきた星城かな?
予想は中京大中京で。

豊川ブロック
豊明の大矢投手が注目されていますね。初戦の安城東相手にどういうピッチングを見せてくれるか注目です。
反対ゾーンには東邦がいます。シードを逃したせいで1回戦からですが、地力は高い。秋に至学館に悔しい大逆転負けを食らった悔しさを晴らすか。初戦は難敵愛知黎明ですが、返って集中出来ていいかも。
愛知啓成が県大会になんとか駒を進めた形ですが、明和が派手な試合をしていて、意外と啓成を食う気がします。注目カード。
豊川、東邦のどちらかがシードを取ると思いますが、なんだかんだ東邦が取る気がします。

愛知・東海商ブロック
愛知が名電にコールドで勝つなど、打線が好調。最近の愛知にない力強いチームになっています。打線は水物とはいえ、どこまで勢いが続くか注目。ただ、愛産大工はピッチャーが揃っているので、そこを打てるかどうか。
意外と反対ゾーンにいる起工が今のチームになって強いですので、ここも旋風を起こすかも。
一応シードは愛知にします。

(まとめ)
シード予想は
至学館、大府、桜丘、栄徳、享栄、中京大中京、東邦、愛知

あんまり面白くない予想ですかね。どこが番狂わせ的に上がってくるか、楽しみです。