1番人気のキタサンブラック(武豊騎手騎乗)が直線で抜け出す横綱相撲で完勝。15年菊花賞、16年天皇賞・春、ジャパンCに続くG1で4勝目を挙げた。3/4馬身差の2着は7番人気のステファノス(川田将雅騎手騎乗)。3着は4番人気のヤマカツエースだった。(スポーツ報知より)

G1に格上げされた最初の大阪杯を勝ったのは昨年の年度代表馬キタサンブラック。強かったですね。

この馬にとっても2000mの距離を勝ったのは大きいし、ここまで安定感のある馬テイエムオペラオー以来かな、と思う馬ですね。
この後天皇賞も取ったらすごいけど、ここはサトノダイヤモンドが出てくるし、久々に面白い天皇賞春になりそう。

馬券はサトノクラウンの単複とミッキーロケットの複勝を買って撃沈。キタサンブラックもこれまで馬券で勝たせてもらってきたんだから行くべきでしたね・・・。