3月8日に岡崎球場で行われた中日−巨人のOP戦を見てきました。
中日4X−3巨人

8回表終了時に球場を後にしました。平日にも関わらずお客さんがかなり入っていて、帰りに渋滞するのが目に見えていたので・・・。
そのせいでサヨナラ劇は見ていません^^;

中日は鈴木が先発。結果は6回1失点。これだけ聞くと良かったように思いますが、内容は褒められたものではありませんでした。ただ、結果的に6回を投げ切って1失点にとどめたというのは褒めるべきでしょう。
時々いいまっすぐもありましたが、それが続かず。初球ボールも多く、四球も多かった。ただ、丁寧には投げていたので、それが好結果になったということなんでしょうね。悪いなりにまとめたのは自信になりそう。ローテーションに入ってくる内容でしたね。
アウラホとロンドンは、安定しているのはアウラホ。ロンドンは速いだけ、というのがこの日も分かりました。どう使いますか。

野手は京田が頑張っています。対照的に堂上、森野あたりが内容がない。特に直倫はがっかり。このままだとポジション無くなるぞ、と言いたい。
石岡も頑張ってます。レフトのポジション取ってほしいわ。

巨人では立岡が目立ちました。先発の田口はそんなに良くなかったかな?それでも1失点にまとめるあたりはさすが。

しかし、寒かったです。岡崎球場は一部座席など、微妙に改修されていました。

今年もたくさん来ることになりそうです。