この世界の片隅に
「この世界の片隅に」を見てきました。

(あらすじ)
1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。

なんだろう。あらすじを見るとその通りなんですけど、映画の内容とは違和感を感じる。
すずの声を演じたのんのなんとも言えない味というか、雰囲気がいいんですよね。彼女がいて、すずがすずであった気がしました。

原作も読んだんですけど、また読みたいです。内容忘れてしまっていますし。

涙は出ませんでした。とてもいい映画でしたし、たくさんの人に見てほしい映画ですけど。

こういう空爆とか、いまだに世界のどこかで行われているんですよね・・・。日本でも72年前。そんなに昔の話じゃない。

忘れてはいけない話ですね。

☆は4つで。