東郷製作所
000001001|2
000011000|2
GTRニッセイ

東郷製作所
伊藤−宮内
GTRニッセイ
後藤、三浦−前田悠

伊藤投手は43歳の大ベテラン。しかし、変わらぬ投球を披露。さすがですね。
ニッセイの後藤投手は愛工大名電−愛工大出身。安定感のある投球でした。
三浦投手はボールは速かったものの、毎回ランナーを出すピッチング。

(試合経過)
5回裏、サードのエラーで無死2塁となり、送って1死3塁から、お手本となりそうな叩きで内野ゴロの間に1点。ニッセイが先制。
6回表、1死から手崎が2ベース。番野がヒットでつなぎ、7番宮下のタイムリー内野安打で同点。
6回裏、2死から5番清水がライトスタンド上段へ特大の勝ち越しホームラン。軟式ではなかなか見られない当たりでした。
9回表、1死から9番高江の2ベース、1番石井のヒットでチャンスを作り、2番伊藤の内野ゴロで同点。
9回裏、1死満塁から9番宮田の内野ゴロでサヨナラ、と思われましたが、このプレーの時に野手とバッターランナーが交錯。これがインターフェアを取られ、バッターアウトに。ちょっとかわいそうな判定でした。結局次のバッターも三振でニッセイは痛い引き分けに。

東郷製作所は5番の手崎選手が至学館出身で素晴らしい打球も飛ばしていました。ただ、走塁は3塁を狙う走塁をしてほしかったですけど。
ニッセイは清水選手の特大アーチが圧巻。2008年東邦の甲子園メンバー。その時の愛知決勝でも2本のホームランはすさまじかった。さすがですね。

ニッセイは休部明けというのもあるかもしれませんが、なかなか波に乗れない感じ。勝てる試合を落としているのがどう響くか。
東郷製作所は打線は活発です。投手との噛み合いで上位進出を期待ですね。