中部大春日丘24−22仙台育英

組み合わせが決まった時から厳しい相手だとは思っていましたが、やはり苦しい戦いになりました。初めてのBシードというプレッシャーもあったと思います。

仙台育英もFWは春日丘より小さいながらも、素晴らしい戦いでいいチームでした。春日は細かいミスがありながらも、要所でいいプレーでトライを取りきったのが大きかった。終盤、苦しい戦いで粘れたのは去年の苦い経験を活かしたかな、と思います。

これで正月を花園で。次はシード校同士になりますが、のびのびと戦ってほしいですね。