ルメール感涙。唯一頭の3歳馬で1番人気のサトノダイヤモンドが2番人気キタサンブラックを撃破した。
道中は2番手を進んだブラックの直後でぴたりとマーク。直線入り口で先頭に立ったライバルを目標にエンジンを全開。急坂を駆け上がって懸命に逃げ込みを狙ったブラックだったが、しっかりと末脚を伸ばして最後の最後に首差とらえた。(デイリーより)

サトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクター。上位人気3頭がそのまま序盤から前につけて、そのまま上位を独占。過去映像でしか見たことがありませんが、TTGで決まった有馬記念を思わせるレースでした。

実際にその時以来の上位人気3頭がそのまま1,2,3位って形だったようですね。

しかし、最後の最後にサトノダイヤモンドが1番人気まで上がったんですね。競馬ファンってすごいわ。

今年は終盤サトノの馬の勢いがすごかったですし、今年の文字「金」を上回るダイヤモンドで決まるかな、と思いましたが、予想が当たって良かった。それでも、キタサンブラックも強かったし、ゴールドアクターも惜しかった。いいレースでしたね。

今年1年、馬券が当たらない1年でしたが、最後に単勝が当たって良かった。来年はプラスに持っていきたいです(笑)