4日、中京競馬場で行われたチャンピオンズC(3歳上・GI・ダ1800m)は、道中は後方2番手に構えた大野拓弥騎手騎乗の6番人気サウンドトゥルー(セ6、美浦・高木登厩舎)が、直線で外に持ち出して一気に脚を伸ばし、中団追走から一旦は先頭に立った1番人気アウォーディー(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)を捕らえて、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒1(良)。(netkeiba.comより)

出し抜けっていうとフロックみたいに聞こえてしまうけど、見ていた印象はまさにそんな感じでした。展開もはまったし、前が止まる流れ。ただ、そこを勝ち切ったのは見事ですし、大野騎手は好騎乗。素晴らしい脚でしたね。

アウォーディーが完全に勝つ流れに見えました。ただ、道中かなり押していたので、その時点で終わったかと思ったのですが、最後は勝つか、というところまで持っていくあたり、この馬は相当強いですね。連勝は止まりましたが、まだ来年も強い競馬を見せてくれそうです。

今回は馬券を買いそびれましたが、買うとしたらアウォーディーの単複だったと思いますので、買わないで正解かな^^;
あとは有馬記念くらいになりそう。