中日は16日、育成3年目の岸本淳希投手(20)と支配下選手契約を結んだ。
推定年俸420万円で、背番号は未定。今季は派遣されていた四国・香川でクローザーとして活躍し、11月にメキシコで開催されたU―23W杯でも日本代表の一員として優勝に貢献した。「やっとスタートラインに立てた。目標は開幕1軍です。防御率0点台を目指したい」。西山和夫球団代表は「彼が力をつけてきたことは分かっていた。春先にも検討したけど、チーム事情で枠がなかった。やっと条件が整った」と説明した。(スポニチより)

ようやく、ですね。MAX150kを投げる、U−23代表のセットアッパーを務めた投手を420万円で契約というのは、おいしいを通り越していいの?って感じですけど。

制度的に育成3年目で翌年も保留名簿に載せた時点で支配下契約は強制的にしなきゃいけないんですよね。
・・・濱田投手を慌てて育成にしたのって、岸本の件が絡んでいるんじゃ、て思うくらいに中日のフロントに不信感を持ってますけどね。

岸本投手は来年1軍で活躍してくれるのを期待しています。