日本ハムが第6戦を10−4で競り勝ち、4勝2敗で日本シリーズ制覇。

お互いに結構ミスがちょこちょこ多くて、終盤まで流れをつかみきれない試合が多かったですけど、広島と日本ハムでは監督采配に差があって、そこで開いた感じ。

大谷を残して、残り2戦で1つ勝てばいいと最後判断出来た栗山監督、中継ぎ2名が6連投と、余裕を持てなかった緒方監督。大きくはこの差かな、と思います。細かい傭兵や作戦面でもありましたけどね。

最後、大谷に固執せず、谷元に胴上げ投手を託したあたりも好感が持てますね。いい監督さんになりました。
栗山さんが失敗するって就任時思っていてすみませんm(_ _)m

日本ハムの関係者、ファンのみなさま、おめでとうございます。

そういえば、アジアシリーズという名の罰ゲームって無くなったの?