10月22日に草薙球場で行われた第2試合、静岡−桜丘の観戦記です。
ただでさえ静岡県の中でもファンが多い静岡高校の地元で、初出場の桜丘がどこまで平常心で戦えるか、に注目して観戦しました。

静岡
010210000|4 H8 E1
000000010|1 H5 E1
桜丘

静岡
池谷−森
桜丘
原悠−小柳津

投手成績
静岡
池谷(1) 9回 146球 被安打5 四球3 三振10 失点1
桜丘
原悠(1) 9回 110球 被安打8 四球0 三振3 失点4

池谷投手は左のオーバーハンド。まっすぐはかなり速い。上背がものすごくあるわけではないのですが、マウンドで大きく見える。将来楽しみなピッチャー。
原悠投手は右のスリークォーター。ステップが小さいフォーム。まっすぐはなかなか速い。ややボールが高かったですが、伸びはありました。粘りの投球が出来ていました。

スタメン
静岡
5大石 6村松 3稲角 7成瀬 9小柳 4藤田 2森 1池谷 8前田
桜丘
7小田 6吉野 5中村竜 3鈴木 1原悠 9原大 2小柳津 8松崎 4金山

(試合経過)
1回裏、1死からヒットと四球で1,2塁のチャンスを作るも4番5番が倒れ先制ならず。
2回表、2死3塁から7番森が甘い変化球を捉えてフェンスダイレクトのタイムリー2ベース。静岡が先制。
4回表、1死2、3塁から6番藤田の犠牲フライ。7番森のポテンタイムリー2ベース。3−0
5回表、2死2塁から3番稲角がタイムリー。4−0
8回裏、2死2、3塁からタイムリーエラー。4−1
静岡高校が2回戦進出を決めました。
静岡は確かに強かった。ただ、桜丘も原悠投手を中心に食らいついていただけに、もったいない失点が多かったのが残念というか・・・。
1点目の7番森選手の当たりは、当たり自体ホームランにならなくて良かったという打球なのですが、そもそも2ナッシングでファールで5球粘られて、まだボールが投げられるのに、変化球が真ん中に。はっきりとボールを投げてもいい場面だったし、勝負を急がなくても、という場面でした。
4回の3点目もセカンドが深追いした結果でしたし、5回はベースに当たるヒットがきっかけ。不運もありましたが、やらないで済む点を防げていたら・・・。球際の弱さなど、今後の糧にしたいですね。

静岡の池谷投手は左で140kを超えてきて、正直びっくりしました。将来が本当に楽しみ。大きな舞台で見たいピッチャーですね。
2年前には静岡の強力打線に驚かされましたけど、このチームはそこまでの破壊力はないかな、という印象。でも2回戦に海星をコールドで破ったように、しっかりと打てるチームですね。この打線をランナーを出しながら少ない失点で抑えた原悠投手も素晴らしかったと思います。

静岡の池谷投手が三重打線相手にどう投げるか。楽しみですね。