連載40周年を迎えた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」(集英社)で、最終回を迎えることが3日、分かった。作者の秋本治氏(63)が東京・神田明神で、絵巻奉納式後に会見して発表。1976年9月に連載がスタートした物語の幕を閉じることになり、秋本氏は「(主人公の)両さんはお祭りが大好き。両さんの引き際として、40周年を祝われてスッと消えるのが大団円」と決断理由を明かした。(デイリースポーツより)

こち亀は自分と同じ1976年生まれ。今年で40周年だったんですね。

もう長いことジャンプを読まなくなって、必然的にこち亀も読まなくなっていましたが、当然初めてジャンプを読むようになってからこち亀は読んでいました。

引き際としてはいいタイミングだと思いますが、やっぱり終わるとなると寂しいですね。永遠、とは言わなくても出来る限りは続いていくと思っていましたので。

両さんも普通に歳をとっていたら70歳を超えているくらいですからね。

秋本先生もずっと休まずにお疲れ様でした。