8月21日に豊田球場で行われた第2試合、吉良−豊田西の観戦記です。
県大会&全三河出場決定戦。どちらのピッチャーも夏までに公式戦で投げているピッチャーですので、どんなピッチングを見せるかに注目して観戦しました。
暑かったので、5回表までの観戦です。

吉良
000001000|1
20001000X|3
豊田西

吉良
壁谷(1)−杉浦
豊田西
川上(10)−加藤

壁谷友投手は左のオーバーハンド。岡島に似たタイプで、フィニッシュの時に顔が下に振れるフォーム。まっすぐはまぁまぁ。やや荒れ球で、球威で打たせて取るタイプ。
川上投手は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ速い。コーナーをしっかりと突けて相手をほんろうする。夏はエースナンバーでしたが、この日は10番でした。

吉良
8村田 4鈴木 1壁谷友 2杉浦 3梅田 7岩瀬(12) 5中川 6榊原 9壁谷壱
豊田西
9藤田 5野尻 8高橋(1) 3阿部 7藤本 2加藤 4坂野 1川上(10) 6杉本

(試合経過)
1回裏、四球からバント野選とエラーで無死満塁に。ここから連続三振で2死満塁まで行くも、6番加藤が2点タイムリー。豊田西が2点を先制。
5回表終了時に球場を後にしました。

豊田西が逃げ切って県大会出場を決めました。
吉良は見ていた5回までで1安打。ちょっと川上投手を打てる気配がなかった。相手にいいピッチングをされるとなかなか打てないのは仕方ないですね。
それでも2回以降はピンチがありながらも壁谷投手を中心にしっかりと守っていました。この経験を活かしたいところです。

豊田西は川上投手が素晴らしかった。夏のエースナンバーは伊達じゃない。なぜ10番だったかは分かりませんが、このピッチングが出来れば県大会でも期待できそう。

バントで相手のミスに助けられたり、初回もチャンスを逃しかけたりと、まだまだな部分も見受けられました。新チームですし、これからの成長に期待ですね。