8月15日に小牧球場で行われた第2試合、江南−小牧の観戦記です。
尾張の公立では毎年いいチームを作ってくる両チームですので、その新チームに期待して観戦しました。

江南
000002010|3 H9 E4
21101003X|8 H13 E1
小牧

江南
柴田、高桑−犬飼
小牧
後藤、松下−井上怜、前田

投手成績
江南
柴田(1) 4回0/3 88球 被安打7 四死球2 三振2 失点5
高桑(11) 4回 73球 被安打6 四球1 三振1 失点3
小牧
後藤(1) 5回 75球 被安打3 四球2 三振5 失点0
松下(11) 4回 65球 被安打6 四球1 三振4 失点3

柴田投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。腕の振りが変わる場面もありますが、球威はまずまず。
高桑投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。低めに集まってクリーンヒットを許さず。
後藤投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。ストライク先行でテンポよく投げ込む。すごく切れのいいボールも来て、楽しみなピッチャー。
松下投手は右のサイドに近いスリークォーター。テイクバックの大きいタイプ。まっすぐはぼちぼち。

スタメン
江南
8前田 4大坪 1柴田 3稲山 7濱田 2犬飼 9柴野 5武田(16) 6林
小牧
5平松(14) 8宮本 4安原 2井上怜 3井上翔 1後藤 9寺澤 7服部 6山村

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番井上怜がタイムリー2ベース。更にサードゴロタイムリーエラー。小牧が2点先制。
2回裏、2死3塁から1番平松がタイムリー。3−0
3回裏、1死3塁から6番後藤がスクイズ成功。4−0
5回裏、無死1、3塁でピッチャー交替、高桑。1死2、3塁から7番寺澤がタイムリー。5−0
6回表、2死2、3塁から6番犬飼がショート後方に落ちる2点タイムリー。5−2
8回表、2死2塁から7番柴野のタイムリー。5−3
8回裏、無死1、2塁からピッチャー前のバントが3塁野選となり、送球が逸れて2者生還。2死3塁から5番井上翔がタイムリー2ベース。8−3
小牧が勝ちました。
江南はじわじわと点を失い、チャンスを作っても相手の好守備に阻まれて得点できないなど、苦しい展開。ただ、6回に相手がバッテリーを替えてくれてから、流れが来て、競った試合に持ち込みました。
高桑投手がその流れを作った要因。安定したピッチングで流れを引き寄せました。

試合は初回。同じようなサードゴロで、小牧は1塁手がしっかりと1バウンドを抑え、江南はそれを逸らした。そこから流れは小牧に行った形になりました。

ただ、小牧が要所要所でいい、というか相手にとって嫌らしい攻めをするんですよね。足も絡めるし、3回は相手のバッテリーエラーで3塁に行った直後にスクイズとか。
個人的に、自分と合致する作戦が多いので、気分がいいというか(笑)。

ショートの山村選手がよくも悪くも目立ちました。いい守備も多いのですが、送球が少し乱れる。走塁ミスもしたけど、好走塁もある。この日のキープレイヤーでした。

4番の井上怜捕手が死球で大事を取って抜けてちょっと苦しくなりましたが、チームとしては強いなと感じる内容。後藤投手も楽しみですし、小牧は県大会でまた見たいチームですね。