8月14日に名城大附Gで行われた第2試合、名市工−名城大附の観戦記です。
県大会出場を決めるのに、お互いにとって山となる試合。期待通りの好ゲームとなりました。

名市工
201000000|3 H4 E1
02020000X|4 H9 E1
名城大附

名市工
金城、高木−日比
名城大附
杉山−堀端

投手成績
名市工
金城(1) 4回 66球 被安打6 四球2 三振0 失点4
高木(10) 4回 57球 被安打3 四死球2 三振1 失点0
名城大附
杉山(1) 9回 103球 被安打4 死球2 三振3 失点3

金城投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。1年生。コントロールが安定していて、変化球でストライクが取れるタイプ。
高木投手は左のオーバーハンド。細身。まっすぐはなかなか。球威はあるがコントロールが定まらない典型タイプ。荒れ球が持ち味。

(スタメン)
名市工
7佐藤 8上野 9深谷 5川上 6木村 3杉山 2日比 4石川 1金城
名城大附
5金澤 6大谷 3安田 8山田 7玉利 9安藤 4後藤 2堀端 1杉山

(試合経過)
1回表、2死3塁から4番川上がタイムリー2ベース。5番木村がタイムリー。名市工が2点先制。
2回裏、2死満塁から9番杉山が2点タイムリー。2−2
3回表、3番深谷が右中間へソロホームラン。名市工が勝ち越し。
4回裏、1死2、3塁から8番堀端が犠牲フライ。9番杉山のヒットをライトが逸らす間にホームイン。名城大附が逆転。
名城大附が逃げ切りました。
名市工はなかなか振りが鋭く、序盤は長打で先手を奪う展開。ただ、杉山投手がコーナーにボールが決まり出すと打てなくなりました。
3番の深谷選手は1年生ながら、ホームランと2ベース。先が楽しみなバッターですね。

投げる方は、高木投手が面白い球威を見せたのですが、エースじゃない理由も分かる内容。こういうタイプはコントロールを身に付けるというのも難しいと思うんですけどね・・・。
勢いで押し切るタイプだと思うので、荒れ具合をどう抑えていくかがカギですね。タイプの違う投手をうまく組み合わせていくのがいいのかな?

名城大附は夏に2年生のレギュラーが多く、もう少し打てるかな、と思ったのですが、単打は出るもなかなかつながらず、という内容。
杉山投手はさすがの内容を見せてくれました。名城大附らしいピッチャーというか。球威はものすごいわけではないですが、テンポとコントロールで打たせて取る。この日は持ち味を発揮したと思います。
打つ方でも結果を出しましたしね。

爆発力はなさそうですし、いかに競った試合を拾っていくかが大事になるかな、と思います。守備、走塁など、経験を積んで磨いて、1点を少しでも多く取る野球を見せてほしいですね。