中日の谷繁元信監督(45)が9日、午後6時開始のヤクルト戦を控えたナゴヤドームで緊急会見し、シーズン途中での休養を表明した。佐伯貴弘1軍守備コーチ(46)も休養する。会見で中日の佐々木球団社長は「休養をお願いしたところ、了承をいただいた」と説明。球団主導による事実上の解任劇となった。
監督代行は森繁和ヘッドコーチ(61)が務める。
また、早川和夫2軍守備コーチ(56)が1軍へ昇格し、渡辺博幸1軍内野守備コーチ(46)が2軍に配置転換される。(スポーツ報知より)

成績ややってる野球を見ていて、解任になるのは仕方ない。ただ、それ以上に不思議なのは今回の解任に落合GMが絡んでいないこと。そうなると、落合GMに実権はないということになる。もしくはあったけど、無くなっているのか。
どちらにしても、監督やGMを切って終わりじゃ、なにも変わらないよね。結局球団の体質は何一つ変わっていないのが良く分かる解任劇です。

小笠原2軍監督の処遇が気になる。来年はガッツ監督が見たいけどなぁ。

一番色々収まりがいいのは山本昌監督ですかね?