シード校は大府。

大府は浅野投手が注目されていますが、今年は打線も力強さがあり、ちょっと楽しみなチーム。シード校の中では初戦が一番比較的苦しまないでいけそうな組み合わせですし、初戦で勢いに乗ったら、一気にいけそうな気がします。
その隣は豊田工が入りました。かなり力があり、4回戦まで行ったら去年の大府−豊田工のリベンジ戦になるということで、とても見たい試合なのですが、ただ、豊田工の初戦小牧工がなかなかの曲者チーム。この春もがけっぷちから県大会の権利を獲得するなど、しぶといチームなので、この1回戦は注目。ただ、そこを勝ったチームが4回戦までは行きそうな組み合わせ。

反対のゾーンは1回戦屈指の碧南工−岡崎城西のカードがあり、中部大第一、東浦という実力校もいて、ここも予想が難しい。
ただ、個人的には安城高校に注目。春に県大会に出場。全三河大会では豊川にノーヒットノーランは食らったものの、試合そのものは支配している印象を持たせるなど、丘監督の手腕はやっぱり侮れない。意外とスルスルと5回戦まであがってくるのでは、と思っています。

普通に考えたら中部大第一があがって来ると思うんですけどね・・・。ただ、東浦も大府より地区では戦跡が上ですから、この2回戦も面白そうです。

ここは大府−安城の5回戦と予想。大府の勝ち上がりとします。