シード校は愛知啓成。

愛知啓成はシードを獲得した割には、正直あまりピンときていないチーム。チーム作りも、徹底したものを感じないし・・・。ただ、それでもきっちり夏には作ってくるとは思いますが。ただ、絶対的なものを感じない分、初戦の戦いがカギになりそう。

その初戦が一色−木曽川の勝者と。一色は阿南投手がいて、秋に県大会に出場した原動力となったピッチャー。彼が実力を発揮すると愛知啓成も苦しむかも。ただ、木曽川も簡単に勝てる相手ではないと思いますし、一色にとってはまず初戦突破が目標でしょうね。

その隣は横須賀、春日井あたりが注目。春の尾東大会で好チームだと感じた春日井の躍進に期待ですけど、初戦の同朋戦がありますし、分かりませんね。
秋に県大会に進んだ常滑もいて、なかなかの混戦ブロック。春日井に期待していますけど、連戦がポイントになりそう。

なんだかんだ、愛知啓成が5回戦には来るかな。

反対側には愛産大工が入りました。例年ほどの強さはない感じですけど、きっちり仕上げてきそう。ただ、初戦が大物食いの安城東ですし、ここも初戦がカギ。
桜丘も例年ほど聞かないですけど、どこまで夏に仕上げているか。ここが3回戦で当たったら面白そう。

意外と面白そうなのが、もうひとつの山にいる名南工。打力もあり、投手も田中投手という右のサイドハンドが力があります。豊橋中央も評判が高いですが、ここも初戦の豊明がポイントになりそう。

ここは愛知啓成−名南工という5回戦。名南工の勝ち上がりを期待します。