シード校は愛知。

正直、シード校の中では最も自分の中で評価が低い愛知高校。母校ゆえに厳しく見る部分も正直あるかと思いますが、投手力を含め、守りに不安を抱える。ただ、打力は近年の愛知にはない、いい部分も持っていますので、そのいい部分が試合に出れば、春のように勝ちあがれるかも。ただ、そういうには籤運が厳しい。

初戦は中部大春日丘が有力。春の尾東大会を制したように、地力が高いチーム。秋はそんなにいいと感じませんでしたが、春には力強さも出てきた印象。沢田投手を中心に愛知よりも上回る地力で勝ち上がると予想します。

その隣には秋の大会3位で東海大会に進出した栄徳が入りました。栄徳は打線が強く、投手力も高い。ただ、エースの温水投手が立ち上がりよくないのと、公立相手にははまる可能性があるピッチャーですので、どう運用するか見物。釜谷投手の使い方が勝ち上がるポイントになりそう。
ただ、このゾーンは他にも面白いチームが多く、高浜、豊野、知立東、清林館あたりが気になります。どこが勝ち上がっても、栄徳は楽ではないですね。
ただ、中部大春日丘−栄徳というカードになる可能性は高いと見ます。ここは栄徳を推します。

反対の山には星城、豊橋南、刈谷工と有力チームが入っています。星城が力がありそうですけど、初戦の昭和も侮れないチームで、その初戦でどういう戦いをするかがポイントになりそう。ただ、星城にとっては厳しい組み合わせになったと思います。
もうひとつの山に半田工がいて、春に全尾張を制したように、スルスルと勝ち上がる気がします。

5回戦は栄徳−半田工と予想。このブロックを制するのは栄徳と予想します。