シード校は中京大中京

問題の、と言いたくなるくらい、有力校が集まったDゾーン。ただ、中京大中京にとっては、相手のつぶしあいが多く、厳しいのは間違いないですけど、そんなに悪くはないゾーンなのかも、という印象。結局いつかは強いところと当たるわけですし。
中京大中京としては、長谷部投手の出来がどこまで上がっているかで、この夏の勝ち上がりのポイントになりそうです。

そんな中京大中京と初戦に当たるのが、丹羽−吉良の勝者。どちらも実力のあるチームです。丹羽のサウスポー矢野投手、吉良の加藤文投手、壁谷投手ら好投手がいて、初戦としては屈指の好カードという印象。吉良の打力が上回りそうですが、試合も面白そうです。ただ、中京大中京を苦しめるのは難しいかも。

その隣がいわゆる激戦ゾーン。
まずは愛工大名電−至学館が順当にいけば2回戦で激突。愛工大名電は藤村投手がエースとして君臨しており、地力は上に感じますが、そこを崩す野球を出来るのが至学館。逆に春に見たときに、あまり野球の質の高さを感じなかった名電がどこまで夏までに上げてきているかで、勝敗が分かれそう。競ったときは至学館に分がある印象もあります。
で、この勝ったほうがこれまた順当にきたらですが、豊川とぶつかる。新城東も侮れない相手ですが・・・。豊川も投手力が高く、かなり地力が高い。エースの森投手のほかにノーヒットノーラン投手井嶋らが控えますからね。
3校どこが中京大中京への挑戦権を得るか。意見は分かれるでしょうね。個人的には豊川を推したいところ。

中京大中京と豊川は、一応中京大中京を推します。ただ、なんにせよ、このゾーンは面白いですね。

一方反対側も面白いチームがそろいました。名市工、刈谷が中心かな、と思いますが、それぞれ初戦が難しい相手。名市工−向陽、刈谷−杜若はいずれもどっちが勝ってもおかしくない対戦。名城大附や豊川工もいて、このゾーンも予想が難しい。
春に名古屋地区を制した名市工の勢いを買いたいところですが、野球巧者の刈谷も捨てがたい・・・。夏大の強さを信じて刈谷の5回戦進出を期待します。

ただ、このブロックを制するのは中京大中京と予想します。