シード校は享栄。

春優勝校の享栄。普通の県ではそれで夏は本命となるのですが、そうはならないあたりが愛知県の難しいところ。春優勝校は甲子園に行けないジンクスも根強く残りますし。
ただ、秋は準優勝、春は優勝。実はこの代では最も安定した成績を残しているのが享栄なんですよね。柴垣監督が復帰して取った世代で勝負の年。結果が欲しい夏になります。

そこに立ちはだかるのが高蔵寺。今や名古屋地区の公立の雄ですよね。初戦が津島高校ということで、決して侮れない相手ですが、享栄を苦しめる戦いが出来るチーム。注目の一戦になりそうです。享栄の投手陣から先手を奪う攻撃が出来たら・・・。

その隣のブロックには岡崎西が入りました。投手に2枚力があり、安定した戦いが出来るチーム。ただ、初戦が津島東とこちらも地力があるので、ここは注目の1回戦となります。
そのほか、国府、岡崎商といった伝統校もいて、なかなかの混戦。享栄にしても侮れない戦いが続く形になりそう。

反対のブロックは豊田西がいます。今年の豊田西は取りこぼしも多く、不安定な戦いが多いのが気になりますが、夏に仕上げてくるもの強豪校が強豪校たる所以。碧南との初戦、夏の入り方に注目。
中村、天白の戦いも注目。

その隣は誉、名古屋国際の私学両校に公立の瀬戸が中心。
個人的には瀬戸の躍進に期待。なんだかんだ誉が上がってくる気もしますが…。

5回戦は享栄−瀬戸と予想。

このブロックは享栄の突破と予想します。