「植物図鑑」を読みました。

(内容紹介)
お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です―。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。レシピ付き。

基本的に有川浩さんの小説は好きです。この小説は想像以上に甘い小説ですけど(笑)。

ちょっとべたでしたけど、落ち着くところに落ち着いたから、個人的にはまぁまぁな評価。映画は見ていないのですが、映画にするには盛り上がりが難しいかなって感じました。ただ主役が高畑充輝なのはあってる。映画は見ていないのに、彼女で小説は進んでいきました(笑)。

☆は3.5かな。