(本の紹介)
郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

映画になった小説。結局映画は見に行きませんでしたが、小説はどんな感じなんだろ、と思って読みました。

いろいろ自分が考えさせられる部分はありましたが、結局どういう感じで変わりに何かがなくなったのか、いまいち伝わらなかったのは残念。結局どうなったかという部分は重要ではないにせよ、ねぇ。

結局行き着くところはそこか、という意味では普通の小説でした。まぁさらっと読めましたけど。
☆は3.5かな。