「昨日のカレー、明日のパン」を読みました。

(内容紹介)
悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ----7年前、25歳で死んだ一樹。遺された嫁のテツコと一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフの何気ない日々に鏤められたコトバが心をうつ連作長篇。

何の気なしに本屋さんで手に取りましたが、すでに過去にドラマにもなっているんですね。

登場人物がそれぞれの立場で話がつながっていくパターンでなんかほっこりと出来る話でした。いい小説に会えたなって思います。
作者は夫婦の脚本家さんなんですね。ペンネームで。

☆は5つにしようかな。