2016年春愛知大会
いよいよ今週の土曜日から夏のシード校を決める重要な春の県大会がスタートします。

組み合わせを見て簡単な展望を。

東邦シードゾーン
東邦が選抜以来の公式戦。投手起用等どうするか注目ですけど、このゾーンの中心なのは間違いない。
ここでは野球巧者の刈谷と急成長の名経大高蔵に注目。

豊川、安城学園シードゾーン
1次予選で不覚を取り、2次に回った中京大中京。ちょっと不安定な部分がどこまで修正されているか。秋はベスト4と地力は高いので、このゾーンでは中心となると思いますが、刈谷工、安城学園と力のある西三河勢とどう戦うか。楽しみです。
豊川も投手力を中心に地力は高いので、この2校を中心のシード争いになると思いますが、個人的には急に強くなった東海学園が気になります。

東浦シードゾーン
中部大第一−愛産大工の初戦が1回戦屈指の好カード。ここを制した方がこのゾーンの中心になる気がします。
東浦もいいチームですので、私学相手にどこまでやれるか注目。
大府の浅野投手がどこまで成長したか、見るのが楽しみです。

中部大春日丘、誉シードゾーン
秋2位の享栄が、こちらも2次に回って県大会進出。本来の力を出せば享栄は強いと思うのですが・・・。ただ、誉、中部大春日丘も一冬越してチーム力は上がっているでしょうし、どこが勝ち上がるか楽しみです。

愛知啓成シードゾーン
予選で見たときに強烈な印象を残した至学館と同じく地区予選で初めてシードを獲得した名経大市邨が楽しみ。
愛知啓成はこのところの不振から脱却出来るか注目。

半田工、名市工シードゾーン
名古屋地区を制した名市工がどこまでその勢いを持続出来ているか。戦いぶりに注目。
豊田西が地区予選で苦戦。一次を一抜けした千種との初戦でどう戦うか。面白そう。半田工はエースの近藤のピッチングが鍵。

渥美農シードゾーン
秋に続いて春も東三河を制した渥美農の力は本物。このゾーンの中心となりそう。
ただ伏兵も多く、中京大中京を予選で破った星城がいますし、その初戦が西三河地区で躍進中の安城というのがこれまた面白い。屈指の好カードですね。伏兵の西春もいてこのゾーンも混戦。

愛工大名電、西尾東シードゾーン
名電はなんとなくらしくない戦いをしている印象。
初戦は豊田工−愛産大三河の勝者とやりますがどっちがきても難敵。面白い対戦になりそう。
西尾東には好投手がいるってことでこちらも見てみたいチームですね。

一応シード予想は
東邦、豊川、大府、享栄、至学館、名市工、西春、西尾東

とします。

願望が入ってると言われそうですね(笑)。