(内容紹介)
ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった―。スカっとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。

完全なタイトル買いでしたが、一気に読んじゃう内容でしたし、なかなか面白かったです。分かりやすいというか、割とストレートな話で、その分物足りなさを感じるところもありますけど、それでよかったと思いますね。救いのない話は読んでても辛いし。
☆は3.5で。