第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)の往路が2日、東京・大手町の読売新聞社前から箱根・芦ノ湖までの5区間、107.5キロで行われ、青山学院大が5時間25分55秒で往路2連覇を果たした。 2位は東洋大で5時間28分59秒、3位は駒澤大で5時間31分15秒だった。(スポナビより)

1 青山学院大 5:25:55 -
2 東洋大 5:28:59   3:04
3 駒澤大 5:31:15   5:20
4 山梨学院大 5:33:24 7:29
5 早稲田大 5:34:17  8:22
6 日本大 5:34:28   8:33
7 順天堂大 5:35:39  9:44
8 東海大 5:35:45   9:50
9 帝京大 5:36:36   10:41
10 拓殖大 5:37:42  11:47
11 城西大 5:37:42  11:47
12 東京国際大 5:38:06 12:11
13 日本体育大 5:38:12 12:17
14 中央学院大 5:38:19 12:24
15 神奈川大 5:40:36  14:41
16 中央大 5:41:08  15:13
17 明治大 5:43:22  17:27
18 上武大 5:44:37  18:42
19 法政大 5:45:54  19:59
20 大東文化大 5:48:48 22:53
OP 関東学生連合 5:39:01

正直青山学院大が強すぎた印象。それでも東洋大は良く3分少々の差で踏ん張ったと思います。ただ、それでも逆転優勝は難しいと思いますが・・・。青山学院大がブレーキを起こさない限りはこのまま行っちゃうと思います。
逆にシード争いは5位から14位くらいまでは変動がありそう。どこがシードを取ってどこが逃すか復路の見どころになりそうです。

山梨学院大、日大、東海大あたりは健闘ですね。日大はキトニーの走りが素晴らしかった。山に一番いい選手を持ってくるというのが今後のカギになりそうですね。ただ適正も必要ですが。
東京国際大が大健闘。復路に可能性を残しただけでも素晴らしい。

復路は青山学院大の復路優勝を防ぐチームが出てくるか、シード争いくらいが楽しみになりそうです。