8番人気のゴールドアクターが直線で抜け出して優勝。鞍上の吉田隼人はデビュー12年目で初のG1制覇を果たした。5番人気のサウンズオブアース(Mデムーロ)が2着、4番人気のキタサンブラック(横山典)は、内で粘り込んで3着。今回ラストランで1番人気に推されたゴールドシップ(内田)は8着だった。(スポーツ報知)

ゴールドはゴールドでもアクターの方。

なんとなく予想してた時にそういうのもありかなって思ったのがきました。

レースはスローに流れて前有利。結局道中前にいた馬が上位を占める結果となりました。

ゴールドシップは途中まくって片鱗は魅せたものの息が続かず。叩きもう一走あったらいけた気がするんだけどなぁ。天皇賞秋叩いておいてほしかった。なんにせよ、お疲れさまでした。

ラブリーデイは5着。若干距離が長いんでしょうね。疲れもあった気もするけど。

馬券はラブリーデイの単勝とゴールドアクターの複勝で勝負して、複勝が的中^^

単勝で行けば良かったけどまぁ贅沢言ってはいけませんね。

今年1年は良く当たりました。来年もこんな感じでゆるりと楽しみます。