海難1890
「海難1890」を見てきました。

(あらすじ)
1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。

日本とトルコの合同制作。最後にトルコの大統領のメッセージもあって、なんか誇らしいというか、たくさんの人に見てほしい映画ですね。
イランイラク戦争の部分は色々考えさせられることも多い部分ですし。

もっともっと深く描くことができたかな、と思う部分も確かにありましたが、そういう部分よりも日本とトルコの長い長い友情を描きたかったんでしょうね。

もっと口コミで広がるといいなぁ。

☆は4つで。