愛知夏大組み合わせE

シード校は渥美農。

渥美農は秋、春と見れなくて、全三河大会で初めて見ることが出来たのですが、シード校になったことに納得出来る実力を見せてくれて、これは夏が楽しみだ、と思っていました。
打線も強いし、神藤投手を中心にピッチャーも揃っている。ただ、よりによって初戦が東邦かぁ、と。

でも、東邦相手でも十分戦える力はありますし、フレッシュな状態で戦えるとプラスに考えられれば、結果はどうなるか分かりません。何にしても実力を全て発揮して戦ってほしいですね。

東邦は秋、春と思ったほどの結果が残せていません。ただ、秋は今一つだった藤嶋投手が復調傾向にあるのは大きなプラス材料。藤嶋投手以外の時にどう戦うか、打線が助けられるか、これが東邦が上位に行く鍵でしょうね。初戦は問題ないにしても、渥美農との一戦でこの夏がどうなるか、ある程度見えてくる気もします。注目の一戦になりますね。

その隣のブロックには桜丘、愛知啓成、三好、名城大附が入りました。桜丘と愛知啓成は力の差はないだろうな、というのが僕の印象。投手力はどちらもそれほどではないために、野手でどちらが助けられるか。何にしても接戦になりそうです。
三好−一宮はどちらも県大会に進んでいる好チーム。やや三好のが力は上に感じますが、好ゲームを期待。
名城大附は初戦を取れれば、スルスルとこのブロックを勝ちあがりそうな印象なのですが、初戦の東海のピッチャーがいいらしいので、ここでどういう戦いをするか。愛知啓成、名城大附のどちらかかなぁ。
東邦相手だとちょっと厳しい4回戦になりそうですが・・・。

反対の山の左のブロックは岩津、刈谷工、星城、岡崎城西が。星城−岡崎城西は初戦としては屈指の好カード。
星城の堀口投手、岡崎城西の石川投手の出来が鍵。星城の平林監督の存在が不気味ですね。やや星城有利かと思いますが、案外勝ちあがってくるのは刈谷工かも・・・。

その隣には愛知黎明、享栄、春日丘が入りました。享栄−春日丘は初戦としては一番のカードですかね。秋ベスト4の春日丘のが、地力は上に感じますが、享栄は春の初戦で見た時の状態に戻っていると・・・。一気に5回戦まで来る可能性もあります。

有力校ばかりのEゾーン。ブロック戦は東邦−春日丘で、東邦有利と見ます。東邦は息が抜けないあたりがどっちに転ぶか、ですね。
何にせよ、エース以外が投げた時にこけるチームが出てくるかも。