愛知夏大組み合わせC

シード校は豊田西

豊田西は秋、春ともにベスト8。安定した力を見せています。秋の時点ではエースと呼べる投手が不在という印象でしたが、この春は山本投手が大きく成長。まっすぐのスピードはほどほどですが、コントロールが良く内外が広く使え、相手を翻弄します。菊田投手も球威は上がってきていて、投手陣は計算出来る状態に。攻撃は伝統的に試合巧者で、足を絡めて相手を崩すスタイルは健在。この夏も甲子園を目指した戦いになります。

その初戦に立ちはだかりそうなのが瀬戸。秋、春ともに県大会には進めませんでしたが、そん色ないチーム。家村−山川のバッテリーは良かったですし、4番の鈴木もホームランを打つ力があります。豊田西とは力の差はない。実現すれば、接戦となりそう。

その隣には緑丘商が入りました。昨年からのエース左腕、安井投手が顕在。連続で地区予選のシードを確保し、県大会に出場を続ける実力は本物ですよね。初戦さえ突破出来れば、4回戦までは進出出来そうなのですが、その初戦の相手が実力校の小牧南。小牧南はエースの近藤投手の出来が鍵ですね。先手を取って苦しめたいところです。緑丘商が有利だと思いますが好ゲームとなりそう。

反対のゾーンの左側には知立高校が入りました。現3年生世代は1年生大会時にベスト4に入るなど、力のある世代。浜投手を投打の中心に上位進出を図ります。伝統校の国府がどこまで迫れるか注目。

その隣には誉高校が入りました。秋のチャンピオンチーム。春は豊田工に不覚を取り、シードを逃すも、エース内田投手は健在。内田投手は県ナンバー1と言っていい左腕。他にも投手はいますし、打線の奮起があれば、秋に続いての愛知の頂点も夢じゃないチームです。
ここも初戦が安城農林と侮れない相手。昨年はベスト16へ一気に躍進したチーム。昨夏経験メンバーも残っていますし、守備のいいチーム。先手を取られると苦しむかも。

初戦さえ突破出来れば、誉は5回戦まで進出する力を持っています。
ブロック代表戦は豊田西−誉と予想。昨年の秋は誉がコールドで勝っていますが、この夏はもっと接戦になると思います。それでもこのブロックは誉と予想します。