もう表題の言葉しか出ないレースでした。

色々検証やら出遅れた理由やら出ていますが、単純にゴールドシップはすでに競馬をやめたがっているというだけだと僕は思っています。
天皇賞春もそういうレース。ただレース自体が長距離だったことと、横山典騎手が上手くゴールドシップを動かしたこと。これがはまって元々の能力で押しきっただけで、内容を見た時にこれからはもうまともに走らないだろうな、というのはなんとなく感じました。

馬はかしこい動物なので、そういう気持ちを替えるのは並大抵なことではないと思います。すでに結果を出している馬。馬の意思を尊重してあげれば、というのが僕の正直な気持ちです。

僕は予想的中(笑)

ゴールドシップはこない、と予想したものの、勝ち馬がなかなか見えてこない。ただ3枠の2頭(デニムアンドルビー、カレンミロティック)のどっちかは馬券圏内に来ると思ったので、複勝で応援馬券をしました。
金額は低くても当たるのはうれしい。

ラブリーデイって今年に入って重賞4勝。負けたのは阪神大章典と天皇賞春。距離適性外のレースだけなんですよね。中距離は全勝。この馬、ウイニングポストにでてくる馬みたい(笑)。
なんにしても、これで正当に評価されそうですね。これから楽しみです。