6月9日に東京ドームで行われた東海大北海道−立命館大の観戦記です。
立命館大はリーグ戦で見ていたので、東海大北海道がどこまで食らいつくかを楽しみに観戦しました。

東海大北海道
000000021|3
000000001|1
立命館大

東海大北海道
山根−藤田
立命館大
西川、桜井−小林

山根投手は右のサイドハンド。花巻東出身の3年生。サイドハンドにしては速い。
西川投手は右のオーバーハンド。MAX141kを記録。高知高校出身の4年生。

東海大北海道
5廣橋 3前田 6折笠 D伊藤 7長田 9井口 8中西 2藤田 4竹中
立命館大
6山足 4有友 5横川 7古川 9辰巳 3脇屋 2小林 D山市 8尾松

試合は4回まで見て球場を後にしました。

8回表は守備のミスから1死1,3塁のチャンスを作り9番の竹中がタイムリー。2死1,2塁から2番前田がタイムリー2ベース。東海大が2点先制。
9回表には変わった桜井から4番伊藤が文句なしの一発。
東海大北海道が勝ちました。

立命館は1回に1死1,2塁、2回に無死2塁のチャンスを活かせなかったあたりから、自分たちの流れに出来なかった印象。桜井投手は温存したのかどうかは分かりませんが・・・。
西川投手は良かったですし、調子で判断したかもしれませんね。

東海大北海道は混戦を抜け出した強さがあったように感じました。1つ勝てて良かったですね。